本記事にはプロモーション広告を含みます。

ペアーズの使い方大全!アプリを初めて使う人向けにわかりやすく写真で解説

ペアーズ

ペアーズの使い方が分からず出会いを探せない人も多いのではないでしょうか。今回は、マッチングアプリ初心者の人でも簡単に使えるように写真をたっぷり使ってペアーズのやり方を解説します。はじめて使う人や慣れない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ペアーズ「ペアーズ」と一緒に使いたいアプリ
相性重視 おすすめマッチングアプリwithwith
当日会える おすすめマッチングアプリタップルタップル
真剣恋活 おすすめマッチングアプリOmiaiOmiai
with

内面を重視して出会いたい方にぴったり

  • 相性がいい人へのいいね「無料」
  • 月会費がどこよりもお得!
  • 価値観が近い人を探しやすい
タップル誕生

すぐ会いたい人は絶対タップル

  • 男性も条件次第で無料期間あり
  • おでかけ機能で「今日」会える
  • フットワーク軽めのユーザーが多め
omiai

結婚も視野に入れて恋愛したい人向け

  • 老舗マッチングアプリで30代多め
  • 身バレしにくい機能が標準装備
  • タブ機能で共通点を見つけやすい

ペアーズで出会うまでの流れ5ステップを図で紹介

ペアーズで会うまでの流れは次の5ステップです。

それぞれの所要時間は短いので、スキマ時間にサクッと出会いを探せるのがうれしいポイント!

※クリックすると各項目に飛べます

次から5ステップそれぞれのやり方と写真と文章でわかりやすく紹介します。使い方をマスターして、デートを楽しんでくださいね。

 

ステップ1:会員登録→本人確認を済ませる

まずは、会員登録と本人確認をしましょう。所要時間は、10〜30分です。本人確認に時間がかからなければ最短5分で終わります。

(1)ペアーズをインストール

まずは、ペアーズをインストールしましょう。

登録は無料でできます。以下のリンクからダウンロードしてみてくださいね。

\無料で登録できる!利用者数No.1マッチングアプリ/

ペアーズをダウンロード

 (2)サインインする

次にサインインしてください。

サインインの方法は、以下の5つから選べます。

  • LINE登録
  • Facebook登録
  • Apple ID登録
  • メールアドレス登録
  • 電話番号登録

Androidの人は、Apple ID登録以外を選ぶようにしましょう。

また、Facebookの友達が10人未満だと登録できないので、人数が少ない人は他の手段を選んでくださいね。

登録ができない人は、次のペアーズの登録ができない理由別対処法を紹介している記事がおすすめです。

ペアーズに登録できない時の原因&対処法

(3)本人確認する

本人確認の画面にうつったら、「撮影に進む」を押して指示の通りに進めましょう。

  

本人確認は、身分証をカメラで撮って行います。

ペアーズの本人確認に使える身分証は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード

※健康保険証は個人情報保護のため、記号と番号、保険者番号のマスキングが必要です。

どれも見切れずはっきり写るように撮るようにしてくださいね。

本人確認がうまくいかない人は次の記事がおすすめです。承認されない理由や、くわしいやり方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

身分証を提出するのが不安な人も多いのではないでしょうか。

ペアーズでは本人確認後は速やかにデータを削除しています。さらに、信頼性の高い第三者の専門機関を交えて個人情報の取り扱いを厳重に行なっているので安全性が高いと言えます。

ステップ2:プロフィールを登録する

次はプロフィールの登録です。このパートは間違えてしまっても後からやり直しがきくので、肩の力を抜いてやりましょう。

(1)画面にしたがって身長、職業、休日などプロフィールを埋める

本人確認後は、画面にしたがって身長や職業などのプロフィールを埋めましょう。

この作業は後から登録できるので、飛ばしても大丈夫。また、間違っても後から修正可能です。

(2)自己紹介文を書く

自己紹介文の真下にある「>」をクリックすると文章が書けます。

自己紹介文は自分の人となりを知ってもらう重要な要素です。

人となりを知ってもらうには、次の内容に触れるのがおすすめです。

ペアーズの自己紹介文に書くといいこと

  • 仕事内容
  • 趣味
  • 休日の過ごし方
  • 自分の性格

ペアーズが公式に趣味や休日の過ごし方などを書くとマッチング率が高まると発表しているので取り入れたい要素です。

マッチングアプリをはじめて使う人や、他のマッチングアプリではマッチしなかった人は、次の記事がおすすめです。

いいねをたくさんもらっている人のプロフィールの共通点を網羅しているのでぜひ参考にしてみてください。

(3)メイン写真・サブ写真を登録する

メイン写真は、1番多く表示される雑誌で言う「表紙」のような写真です。サブ写真とは、あなたに興味を持った人がみる写真です。

メイン写真は顔がわかるもの。サブ写真は人となりがわかるものを登録するのがおすすめです。

登録方法は

プロフィール写真を編集>写真を追加する>ライブラリーから選ぶ

を押すと、写真を選ぶことができます。

また、下の画像のように写真にキャプションを入れたい場合は

キャプションを入れたい画像をタップし、コメントを書き「完了」ボタンを押すと入れることができます。

どんな写真を登録すればいいのか頭を悩ませている人もいるはずです。

基本的には、清潔感があって自分の人となりがわかる画像であればなんでもOK!

自分の顔がわかる写真と全身の写真、趣味や好きなことがわかる写真をメイン写真、サブ写真合わせて8枚登録するのがおすすめです。

ペアーズも公式でサブ写真は7枚以上がいいと推奨しています。

載せる写真がない人や今までマッチングアプリでなかなかいいねがこなかった人向けに次の記事では、写真の選び方を紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

(4)詳細プロフィールを埋める

次に詳細プロフィールを埋めましょう。

ペアーズの詳細プロフィールを埋めていると、共通点を持つ相手に表示されやすいシステムになっています。

自分と合う人を見つけるためにもできるだけ埋めておくのがおすすめです。

### (5)マイタグを登録する

マイタグとは、同じ趣味や価値観を持っている人を探せる機能です。

趣味でつながりたい人はマストで入れたい項目です。

まずは下のツールバーの「# マイタグ」をタップして、気になるタグをいいねしましょう。

ペアーズは公式で、マイタグの登録数を25以上に設定するとマッチング率が上がると発表しています。

マイタグが同じ人に表示されやすいシステムになっているので、できるだけ多く登録してみてくださいね。

 

ステップ3:気になる相手にいいねを送る

プロフィールの登録が終わったら、いいねを送りましょう。自分の理想の相手にいいねをする方法や、同じ趣味・価値観を持つ人にいいねする方法を紹介します。

(1)理想の相手を検索していいねする

相手に求める年収や身長など、条件が決まっている場合は検索で絞って探すのがおすすめです。

下のツールバーの「探す」マークをタップ→4つの四角形のマークをタップ→絞り込みマークをタップしましょう。

画面が切り替わったら自分が相手に求める条件を入れましょう。

検索をかけたら、気になる人の写真をタップしてみてください

画面が切り替わったら、右端のボタンをタップしてみてください。そうすると、いいねができます。

(2)同じマイタグの人にいいねする

趣味や価値観の合う人を見つけたい人は、同じマイタグの人にいいねをしましょう。

下のツールバーから「# マイタグ」をタップ→登録中のマイタグをタップし

気になる人の写真をタップして

画面が切り替わったら、右端のボタンをタップしてみてください。そうすると、いいねができます。

無料いいねをゲットする方法

ペアーズから月に付与されるいいね数は、30です。

いいねをすればするほど、出会いの可能性を広げられるので積極的に使いたいところです!

ここでは、無料いいねをゲットする方法3つを紹介します。

1つ目は、下のツールバー「探す」をタップすると出てくる「本日のおすすめ」を活用すること。

AIがあなた好みの相手をサジェストしてくれる機能です。毎日3人にいいねすることができます。

2つ目は、下のツールバー「探す」をタップすると出てくる「新しく登録したお相手」を活用すること。

毎日3人の新規登録者にいいねすることができます。最近入会した相手だと、マッチング率が高いので使ってみてください。

3つ目は、下のツールバー「マイタグ」をタップすると出てくる「日替わりマイタグ」を活用すること。

マイタグは同じ趣味や価値観を持つ人を探せる機能です。自分が登録しているマイタグの中から1人メッセージ付きいいね(※)が送れます。

メッセージ付きいいねは、マッチングしなくてもメッセージを送れる機能のこと。文章を送れる分、マッチングの可能性も高まるでしょう。

※メッセージ付きいいねは、入会後24時間以上経たないと送れない仕様になっています。

最後に女性とプレミアムオプションの男性限定で使える無料いいねを紹介します。

下のツールバー「探す」をタップすると出てくる「あなたのことが好みかも」を活用すること。

あなたに興味を持っているユーザーに毎日3いいねできる機能です。マッチング率が高まるのでぜひ使ってみてくださいね。

 

ステップ4:マッチングしたらメッセージを送る

いいねを送ってきた相手からいいねをもらうことを「マッチング」といいます。

また、いいねを送ってくれた相手にいいねを送り返すことも「マッチング」です。

マッチング後は、メッセージを送りましょう。

男性はメッセージをするには1ヶ月3,700円(※クレジット決済の場合)かかります。女性は無料でメッセージ可能。

ペアーズのお得な支払い方法は次の記事からチェックしてみてくださいね。

(1)相手のプロフィールから共通点を見つける

まずは、相手のマイタグを確認しましょう。

共通点があると、話題に困らないためメッセージの返信率が高まります。

自分と同じ趣味に関するマイタグや、自分が入ってないけれど興味があるマイタグを探してみてください。

さらに、自己紹介文を見て、仕事や趣味、休日の過ごし方に共通点を見つけましょう。

(2)お互いの共通点についてメッセージを送る

先ほど見つけた共通点をもとに以下の文章に当てはめてみましょう。

================

はじめまして
マッチングありがとうございます。
[共通点]なんですね。
私も[共通点]なの一緒で嬉しいです。
よろしくお願いします☺️

================

上のコピペより例文をアレンジして作ってみました。

【旅行が好きな人に向けた文章】
はじめまして!
プロフィールを見て素敵だと思っていたので
マッチングできて嬉しいです。
旅行がお好きなんですね。
僕も3〜4ヶ月に1回は国内外のどこかに行ってるくらい好きなんです。
最近〇〇さんはどちらに行きましたか?

【散歩が好きな人に向けた文章】
はじめまして!
マッチングありがとうございます。
散歩がお好きなんですね。
私もよく公園とか隅田川周辺を歩いているので、趣味が合いそうだなって思っていいねしちゃいました!
よろしくお願いします☺️

上の例文のように、趣味に具体性を出したり答えやすい質問をしたりすることで返信率が高まります。

テンプレートな文章だと他のメッセージに埋もれてしまうため、相手に合わせた文章にしましょう。

ステップ5:デートに誘う

メッセージが弾んできたら、デートに誘いましょう。

デートに誘うタイミングは早すぎても遅すぎてもNG。早いと真剣に出会いを探していないと思われ、遅いとお互いの熱が冷めてしまいます。

誘うタイミングはメッセージの10往復前後です。

相手が自分に興味がなければ、10回もメッセージは続かないでしょう。脈がある早いうちに誘ってください。

誘うタイミングが掴めない人は、「おさそいアシスト」機能を使うのがおすすめ。

おさそいアシスト機能は、やりとりが延々と続いてなかなかデートに誘えない、誘われないときに相手のデート意向を知ることができる機能です。

使い方は、メッセージを重ねるとおさそいアシストの設定が出てくるので「デート意向を設定」をクリック

自分のデート意向を入力しましょう。相手も同じ項目を入力していた場合、お知らせしてくれます。

【結論】マッチングアプリは複数使いがおすすめ!

マッチングアプリではなかなか出会えない。向いてないのかも…。

なんて方は、まずは何も考えずに複数のアプリを複数登録してみましょう!

私は〇〇な性格だから、このアプリ!なんていう正解はあるようでないんです。

出会いやすい傾向はもちろんありますが、マッチングアプリといえど普通の出会いや恋愛と何も変わりません。

実際に交際や結婚に至っているカップルのほとんどが、比較的アプリを使い始めた早い段階で出会えているようなのですが、それは「複数のアプリ」を並行使いして、マッチングの数を増やしていたからなんです。

マッチングアプリの複数使いのメリット

また、出会いを増やす上でもマッチングアプリの複数使いは有効ですが、実際に出会うまでの無駄なお金も減ったり、時間も短縮したりと良いことづくしです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

マッチングアプリNEOセットで一緒に使いたいアプリ
初心者に◎ マリッシュマリッシュ
気軽に会える PCMAXPCMAX
会員数最多 ペアーズペアーズ
ペアーズ
マッチングアプリNEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました
document.addEventListener('DOMContentLoaded', (event) => { const links = document.getElementsByTagName('a'); const currentUrl = window.location.href; for(let i=0; i < links.length; i++){ const link = links[i]; if (link.hostname.includes('cir.io')) { const newHref = link.href + '?cx_referrer=' + encodeURIComponent(currentUrl); link.href = newHref; } } });