本記事にはプロモーション広告を含みます。

Tinderでは大学名を記載するとモテるってホント?実態調査してみた

Tinder

Tinderを使っていて、「大学名」を記入できることに気づいて本記事を読んでくださっている方も多いことでしょう。

Tinder 大学名 学校を追加

そこで、本記事ではTinderでは大学名を記載することに意味はあるのか、身バレしないのかなど大学名に関する悩みをマルっと解決できるような内容をお届けしています。

大学生の皆さん、大学に通っていた過去のある方はぜひご覧ください!

▶︎Tinder以外にも大学生が出会えるアプリはあります👇
💡大学生が本当に出会えるおすすめマッチングアプリ6選!大学7年生が解説します

▶︎もっと色んなアプリを知りたい方👇
💡タイパ&コスパ最強!本当に出会えるおすすめマッチングアプリ14選

tinder「Tinder」と一緒に使いたいアプリ
すぐ会える タップルタップル
内面重視 withwith
NOメッセージ DineDine
タップル

ラフに出会いたい人におすすめ!

  • 今日会えるおでかけ機能が超優秀
  • 異性との共通点を見つけやすい
  • 20代と出会いたい人におすすめ!
with

内面重視で真剣に交際したい人におすすめ

  • 性格診断で共通点の多い人には無料いいね!
  • 好みを設定できるから趣味の多い人も出会える
  • 女性も他のアプリより積極的な人が多い
Dine

メッセージが苦手な人にピッタリ!

  • 忙しい人もデート日と場所が決まるから会える
  • ドタキャン率はかなり低く、確実に会える
  • 登録店は雰囲気の良いお店が多くて楽!

結論!Tinderではモテる大学名は確かにある

結論から言って、Tinderではモテる大学名は確かに存在します

とは言え、Tinderは容姿重視のマッチングアプリになっているので、大学がいくら良くても写真が良くなければマッチできません

これまでマッチできなくて、大学名を書くことで逆転を狙おうと思っている方は少々的外れな考えをしているかも。

まずはプロフィールや写真の見直しから行いましょう。

Tinder プロフィール カジュアルな出会い リンク遷移

Tinderでモテる大学名とモテない大学名

ここではTinderでモテる大学名とモテない大学名をご紹介していきます。

モテる大学名とイメージ

モテる大学名は以下の通り。

・東京大学→すごい頭良いんだ
・京都大学→すごい頭良いんだ
・慶應義塾大学→頭も良くてノリも良さそう
・早稲田大学→頭も良くて、優しそう
・上智大学→頭が良くて真面目そう
・その他旧帝国大学→頭良くて真面目そう
・G-MARCH→それなりに勉強も出来て、面白そう

※弊社女性陣にアンケートした結果

モテる大学は総じて一定以上の学力があります

それぞれの大学名によって、学力の他に「ノリの良さ」「真面目さ」「優しさ」などのイメージを持たれているようです。

モテない大学名とイメージ

モテない大学名は以下の通りです。

・いわゆるFラン大学→頭が悪そう
・聞いたこともない大学→どこ?って感じ
・不祥事が多い大学→何となく素行が悪そう、悪事に手を染めていそう

このような大学はマイナスになるというよりは、無関心で終わることが多いです。

つまり、大学名を書いても特に意味がないということ。

不祥事の多い大学だと、ニュースをよく見る人にとってはマイナスイメージになる可能性もありますので書かない方が良いでしょう。

Tinderで大学名を記載すべきか見極める方法

次にTinderで大学名を記載すべきか見極める方法をご紹介します。

書くべき人・それなりに良い大学に通っている現役生
・見た目が普通以上
・身バレは特に怖くない人

まず、先ほど紹介したモテる大学名のようにそれなりに良い大学に現在進行形で通っていることは大学名を書く上での最低条件です。

そして、Tinderは見た目重視のマッチングアプリなので、見た目が普通以上であることはマスト
見た目が普通以上かどうかは、大学名を書かなくても普段からそれなりにマッチしているかどうかで分かります。
(男性の場合=100Likeして2人以上マッチすればOK)

最後に、身バレは特に気にしていないというのも大切です。
大学名を書くことにより、同じ大学の人や、あなたがどこの大学に通っているか知っている人にTinderを使っていることがバレてしまうリスクがあります。

書かない方がいい人は以下の通りです。

書かない方が良い人・すでに卒業して社会人になっている人
・特別良い大学じゃない人
・身バレしたくない人

どれだけ良い大学を出ていても、社会人になってまで大学名を記載しているのを見ると、「過去の栄光に浸っていて恥ずかしい。」「それしか胸を張ってアピールできることがないんだろうな…。」と思われてしまいます。

社会人になったのなら、大学名ではなく、どんな職種なのかを書いた方がよっぽどウケがいいです。

次に、書かない方が良いのは、特別良い大学ではない人。
基本的には無関心で終わりますが、最悪の場合はマイナスイメージに転じることもあるので書かない方が良いです。

そして、身バレしたくない人も書かない方が良いでしょう。
大学名などの些細な情報でも身バレにつながるので、身バレしたくない人は書かない方が良いです。

また、モテるためだけに大学名を偽って記載するのはおすすめしません

一時は良いかもしれませんが、知性は話し方や考え方に表れるのでバレるリスクも高く、バレた時にあなたへの好感は地の底まで転落します。
何よりもモテるために大学名を偽るという行為自体が愚かで哀れなので、可能であればやめていただきたいです。

大学名を記載する時に出てくるTinder Uって何?

大学名を記載するときに、「Tinder Uへの参加を申し込む」と出てくるのはご存知ですか?

Tinder Uへの参加を申し込む

知っていたけど、何かよく分からなかったという方も多いことでしょう。

簡単に言うと、Tinder Uとは近くにいる他の大学生とよりつながりやすくするためのアプリ内機能です。

Tinder U デモ画面

しかし、現在この機能を使えるのはイギリス・アメリカの大学の中で認可を受けた一部の大学であり、日本の大学では現在利用ができません

イギリス及びアメリカの大学に通っていると言う方は、自身の大学名を記入してみてTinder Uに登録できるか試してみても良いかもしれませんね。

ちなみに、日本の大学に通っている私が大学名を記入したところ、「あなたの出身校はTinder Uを使えません。」と表示されてしまいました。

Tinder U 日本 利用できない

これは、私の通う大学に限らず、国内の有名大学でも同様の結果となりました。

日本でTinder Uがしっかり利用できる形でリリースされたらまた新しく特集記事を出したいと思っておりますので、首を長くしてお待ちください。

番外編!「Tinder大学」って何?

Tinder大学というのは、ラランドと言うお笑いコンビがララチューンといYoutubeチャンネルで配信している動画のことです。

Tinder 大学 ラランド

ラランドと言えば、最近はお母さんヒス構文などで知名度を上げているので、ご存知の方も多いことでしょう。

そのラランドと、Tinderがコラボして配信している動画なので見てみる価値は大アリです。

Tinder大学と聞いて、気になっていた方は暇つぶしがてらご覧になってはいかがでしょうか?

💡こちらからTinder大学をご覧いただけます

まとめ

良い大学に通っているからと言って、書けばモテるほどTinderは簡単ではありません。
Tinderで大学名を書くのなら本記事でご紹介している条件に当てはまっているかチェックしてからにしましょう。
大学名云々の前にそもそもマッチしないという方は、以下の記事を見てTinderを攻略してください。

💡Tinderの攻略法|どうすれば出会えるようになる?

【ちなみに】マッチングアプリは複数使いがおすすめ!

マッチングアプリではなかなか出会えない。向いてないのかも…。

なんて方は、まずは何も考えずに複数のアプリを複数登録してみましょう!

私は〇〇な性格だから、このアプリ!なんていう正解はあるようでないんです。

出会いやすい傾向はもちろんありますが、マッチングアプリといえど普通の出会いや恋愛と何も変わりません。

実際に交際や結婚に至っているカップルのほとんどが、比較的アプリを使い始めた早い段階で出会えているようなのですが、それは「複数のアプリ」を並行使いして、マッチングの数を増やしていたからなんです。

マッチングアプリの複数使いのメリット

また、出会いを増やす上でもマッチングアプリの複数使いは有効ですが、実際に出会うまでの無駄なお金も減ったり、時間も短縮したりと良いことづくしです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

マッチングアプリNEOおすすめセット
初心者向け🔰 マリッシュマリッシュ
今日会える🧡 タップルタップル
会員数最多 ハピメハピメ
マッチングアプリNEOおすすめセット
通話で🤙シナリオシナリオ
会員数最多 ハピメハピメ
会員数最多 ペアーズペアーズ
マッチングアプリNEOおすすめセット
初心者向け🔰 マリッシュマリッシュ
会員数最多 withwith
今日会える🧡 タップルタップル
Tinder
マッチングアプリNEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました
document.addEventListener('DOMContentLoaded', (event) => { const links = document.getElementsByTagName('a'); const currentUrl = window.location.href; for(let i=0; i < links.length; i++){ const link = links[i]; if (link.hostname.includes('cir.io')) { const newHref = link.href + '?cx_referrer=' + encodeURIComponent(currentUrl); link.href = newHref; } } });